森林・山村多面的機能発揮対策交付金

.

交付金活用の流れ

年間スケジュール

●対象地域と参加者の決定

  どこで活動するかを決めて、参加者を募りましょう。

  施業地の森林所有者と協定を結んでください。(必須事項です!)

  ↓

●活動内容について話し合う

  どんな里山林にしたいか、どんな活動内容にするかを決めて、

  その活動内容が交付金のタイプ別メニューにあるかを確認しましょう。

  ↓

●説明会 (4月中旬)

  事業や申請書類についての説明会を開催します。(高知市内と四万十市内を予定)

  ホームページで日程等をお知らせしますので、FAXまたは電話でお申し込みください。

  ↓

●申請書提出 (5月末〆切)

  申請書類を郵送または持参で提出してください。

  (申請書類様式はホームページからダウンロードできます。紙面での配布は行っておりません)

  作成方法がわからない場合は、お問い合わせください。

  電話のうえ来所していただき、相談をお受けしています。(書類作成のアドバイスをします)

  ↓

●審査会 (6月中旬)

  申請内容を審査会(当会の運営協議会)で審議します。

  適切と認められなかった場合は内容の変更、または不採択になることがあります。

  ↓

●活動開始 (7月初旬以降~1月)

  無事に採択されたら、施業を開始します。

  審査会で採択された後から1月末日(実績報告書提出の〆切日)までの活動が、交付金支払いの対象になります。

  (採択前の活動は対象外です)

  ↓

●概算払い (9月~)

  採択金額の1/2まで概算払いが可能です。

  ↓

●実績報告書提出 (1月末〆切)

  活動の実績報告書を提出していただきます。

  (実績報告書類様式は当会HPからダウンロードしてください)

  ↓

●精算払い (~3月中旬頃まで)

  書類が完成した活動組織から順に精算払いをいたします。

PAGE TOP