緑の募金公募事業(高知県)

緑の募金公募事業(高知県)について

高知県内で集められた緑の募金は、高知県内の森林の整備・緑化の推進、高知県民が海外で行う緑を通じた国際協力に役立てられています。
公益社団法人高知県森と緑の会が、県内でご寄付いただいた「緑の募金」を原資として、事業を公募し、交付金を交付しています。

.

趣 旨

水のふるさと、心のふるさとであり、人類生存にとって不可欠な存在である森林。その育成管理は林業関係者や山村の住民に委ねておくだけではなく、国民・県民一人一人がそれぞれの立場で、可能な方法によって、森林づくりへ参加することが今日必要とされています。
また、地球的な規模で森林の衰退が深刻化し、地球温暖化問題、熱帯林の再生や砂漠化に対する関心も高まっています。
こうしたことを背景に、緑の募金は平成8年4月から法律に基づく募金としてスタートし、県民の皆さまからあたたかい多くの善意をいただいています。
この募金を元にして、県民の自発的かつ多様な森林整備・森づくり活動などを支援することを目的に、一般公募による事業の募集をしています。

.

令和3年度 緑の募金公募事業

詳しい内容については、実施要領をご確認ください。

.

募集対象事業

原則高知県内の事業者が行う以下の事業。
(1) 森林整備関係
 ア 県民の自主的な参加協力による森林づくり(野生鳥獣被害対策含む)の模範となるような森林整備事業
 イ 都市住民と森林との結びつけを促進助長するような森林の整備事業
 ウ 地域のシンボル的な森林の利活用を促進するための事業
 エ その他ア~ウに準ずる事業、イベント、行事等
(2) 緑化推進関係
 ア 森林・緑・水に対する認識を深めるための普及啓発事業
 イ 体験・参加を主体とする森林・緑づくり運動のキャンペーン、イベント、記念植樹、交流活動
 ウ 森林・緑の環境整備を推進する市民ボランティアの事業活動
 エ 森林の公益的機能、学校林、巨木等の調査研究
 オ その他ア~エに準ずる事業、イベント、行事等
(3) 国際緑化関係
 ア 熱帯林の保全・造成、砂漠化防止、砂丘林劣化防止等の海外における森林ボランティア活動
 イ 民間活動グループのリーダーや青少年等の海外研修
 ウ 県内の関係の深い森林・林業に関する国際会議や海外林業視察団との交流
 

上記(1)(2)については、現在の地域課題への対応や住民参加という視点にもご配慮ください。

.

募集期間

1次募集:2020年10月15日(木)~2020年11月30日(月)必着

.

事業実施期間

2021年4月1日(木)~2022年3月21日(月)

.

交付金の限度額

一事業に付き原則として40万円を限度とする。
(但し、緑の募金公募事業の当該年度の予算枠の事情等により、必ずしも申請額通り認められるものではありません。)

.

応募方法

「緑の募金公募事業認定申請書」および必要書類を、公益社団法人高知県森と緑の会にご提出ください。

.

実施要領・申請書様式等

・・・森林整備に関する事業については要領7~8ページ調書の添付が必要です
・・・交付決定された団体が、事業終了後に提出する様式です

.

採択の決定及び通知

応募申請書は学識者、教育界、市民団体、業界関係、自治体等の有識者で構成される運営協議会で審査を行い、公益社団法人高知県森と緑の会の理事長が決定し応募申請者に通知します。

.

申込・問い合わせ先

公益社団法人高知県森と緑の会(担当:井上)
電話番号 088-855-3905

PAGE TOP