こうち森のささやき│ピックアップエリア│中芸エリア

ピックアップエリア「中芸」

魚梁瀬森林鉄道遺産 (国指定重要文化財)

歴史・文化の記憶を辿り感じる事ができる高知遺産

藩政時代から栄えた高知の林業。高知県内の多くの木材が朝廷奉納や幕府献上として活用されていた記録が古文書に残されています。その多くの木材を運ぶため、明治44年から昭和38年まで、中芸地区(田野町・安田町・奈半利町北川村・馬路村)には総延長250km高知県内では最大級の森林鉄道が走っていました。

また木材を運搬するだけでなく「命の保証はできない」という条件で山で暮らす人々が生活の足として乗車していました。その繁栄を遂げた魚梁瀬森林鉄道遺産の9件が平成21年2月に経済産業省の近代化産業遺産群に認定されました。 さらに同年には橋梁や隧道など18箇所が貴重な土木建造物として国の重要文化財の指定をうけています。


1

2

3

4

5

  1. オオムカエ隧道
  2. 明神口橋
  3. 釜ヶ谷浅道
  4. 小島橋
  5. 五味隧道
山歩き&体験乗車

◎中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会

◎魚梁瀬森林鉄道

魚梁瀬・丸山公園に復元された森林鉄道。
運転手の体験も出来ます。

◎保養センター「やなせの湯」

◎馬路森林鉄道

復元された森林鉄道。
森の中約300メートルを走ります。

◎インクライン

木材を運搬するのに使用していた装置インクライン。人が乗れるように改良し約90mの山の斜面をインクラインに乗ってゆっくり登って行く事が出来ます。頂上は素晴らしい眺めが望めます。

森林鉄道MAP
中芸エリア コンテンツ
中芸エリアトップ
魚梁瀬森林鉄道遺産
(国指定重要文化財)
野根山街道(四国のみち)
神峯のみち(四国のみち)
魚梁瀬の山とやなせ杉
キャンプ場・ロッジ・体験宿泊施設
観光物産・食事処
祭り・イベント